« アルパ(ハープ)演奏シーン | トップページ | 企業パーティ演奏 アルパ(ハープ) »

アルパ(ハープ) 指の調子が悪いとき

こんばんは、アルパ奏者の神山里映子です。

発表会前、慌てて猛練習・・・なんだか指の調子が悪い。

前は普通に弾けていたのに、ミスばかりする・・・。

そんなお悩みを聞きます。

わかります!!きっと気合が入ったり、緊張して、

いつもより指や腕に力が入っているのでしょう。

私自身、最近同じように「指がなんかカタイ・・・」と思う日がありましたcoldsweats01

そんなときは・・・・

■焦ってむやみに弾き重ねない。(flair本番前にやりがち)

■フォルテで弾かない、少し音量を落としてみる。(flair力が抜ければまた鳴ってくれます)

■テクニックに気をとられず、表現を重視して弾いてみる
flair柔らかいイメージを持てば、指や腕も柔らかく動いてくれます。イメージ大事)

■練習の目的を、上手に弾くことではなく、ゆっくりテンポで暗譜に専念してみる。
flair暗譜に自信がつけば、本番に真っ白になることはありません)

「力みが原因」 が、ほとんどなので

そのことがわかってるだけでも気が楽になりますよwink

私の場合はプラス、生徒さんのレコーディングで収録する曲のアレンジを

長時間変な姿勢で弾きながら作っていたため、

腕や手のフォームが崩れ、変なところに力が入っていた。

(楽器を構えたまま体をひねって楽譜を書いたり、胡坐で弾いたり・・・coldsweats01

暑い日にシャワーで済ませて、手や腕のコリがほぐれなかった。

これらも原因かなと思います。

急に下手になるわけ無いので、焦らずに!

レッスンで相談してくださいねhappy01

<アルパ教室アルモニコ 下北沢教室>
★下北沢北口徒歩1分
世田谷区北沢2-26-25 Alom Shimokitazawa201
Tel:03-6310-8917

http://arpa-armonico.com/

☆新小岩駅前教室と浦安教室も生徒さん募集中!HPよりご覧ください。

present アルパ教室アルモニコ 春の入会キャンペーン実施中 present

|

« アルパ(ハープ)演奏シーン | トップページ | 企業パーティ演奏 アルパ(ハープ) »

アルパ練習法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189977/65371242

この記事へのトラックバック一覧です: アルパ(ハープ) 指の調子が悪いとき:

« アルパ(ハープ)演奏シーン | トップページ | 企業パーティ演奏 アルパ(ハープ) »