« アルパの練習 | トップページ | ギター×小型アイリッシュハープ “クローバーノート” »

アルパの練習 続き

前回に引き続き、アルパの練習について。

アルパを練習していて、手がズキッとする場合・・・

たぶん、無理のある弾き方をしているのだと思います。

アルパの場合、それほど腕や指に負担がかからないので、

オクターブの強打&連打やトレモロを休み無しに弾き続けたりしない限り

痛い思いをする楽器ではないですcatface

そのまま続けて、腱鞘炎になって長い期間弾けなくなったら悲しいし、

そもそも無理のあるフォームで弾き続けても、上達しないかも。

“無駄な力が入って抜けていない”

“指や手首に負担がかかるフォームで弾いている”

・・・自分の奏法を見直す良い機会かもしれません。

「〇時間練習する!rock」と決意して、“考えながら練習する”というよりは、

ひたすら目標時間をクリアするために反復練習している場合、要注意ですeye

どこか痛くなったり、違和感があったらちょっと一休みcafe

手がよく痛くなるという人は、

まずはフォームやタッチを見直したほうがいいかな、と思いますwink

悪い癖がついたら、その癖を取るのにさらに多くの時間がかかってしまうかも・・・!bearing

|

« アルパの練習 | トップページ | ギター×小型アイリッシュハープ “クローバーノート” »

アルパ練習法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189977/57288168

この記事へのトラックバック一覧です: アルパの練習 続き:

« アルパの練習 | トップページ | ギター×小型アイリッシュハープ “クローバーノート” »