« 今日のアルパレッスン | トップページ | アルパコンサートのお知らせ 大倉山記念館(神奈川) »

アルパの高齢者施設演奏


Img_3130_2先日は高齢者施設でひなまつりコンサートでした。

合唱曲のリクエストがあったので、

歌いやすいキーで伴奏できるように

アイリッシュハープも持っていきました。

レバーアルパでもいいのですが、

音色の違いなど楽しんでいただけて良かったかな

と思います!

ノーマルアルパとレバーアルパ、大きいの二つだと

大変という私の事情もあるのですがsweat01

アルパを習っている方の中には、高齢者施設で演奏して喜んでもらいたいnote

と目標を持っている方も多いと思います。

私が高齢者施設演奏で注意していることは、

“普段より大きな声でゆっくり話すこと”

“演奏の音量”生音が気持ちいいのは当然ですが、

生音では耳をすませないと聞こえない、ということになると

聞いている方たちは疲れてきてしまいますsweat02そういう場合はマイクを使います。     

そして“予定の時間を守る”ということです。

演奏を楽しんでいただき、アンコールがきて、その後ご一緒に写真を撮ったり

アルパに触っていただいたり、気付くと予定より時間がオーバーしている!

なんていうこともあると思います。

ただ、高齢者施設ではスタッフの方達はとても忙しく、

演奏の後はおやつタイム、入浴、夕飯の支度・・・などなど決められた時間の中で

分単位のスケジュールでお仕事をされていると思います。

そんな中、時間がオーバーしてしまうと、ご迷惑になってしまう場合もあります。

なので自己満足にならないよう、予定の時間は守るように。

入居者さんたちのリクエストがあり時間がオーバーしそうなときは

スタッフさんにあと何分位大丈夫ですか?と

確認する必要があるかな、と思います。    

私が心がけていることをちょっと紹介してみましたflair

|

« 今日のアルパレッスン | トップページ | アルパコンサートのお知らせ 大倉山記念館(神奈川) »

アルパコンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189977/56892268

この記事へのトラックバック一覧です: アルパの高齢者施設演奏:

« 今日のアルパレッスン | トップページ | アルパコンサートのお知らせ 大倉山記念館(神奈川) »