« ジャベについて・・・アルパで弾く「シチリアーナ」  | トップページ | アルパのレンタルについて »

アルパ いつも同じ音を間違える場合

以前このブログで部分練習について という記事を載せました。

その内容とかぶるのですが、いつも同じ音を間違える場合についてです。

いつも②という音を間違える場合、その直前の①の音が

ちゃんと弾けていない場合が多いです。

Dscf0366苦手な②がくる~dashと焦るあまり、

①の音を弾く前から指の重心が移ってしまい

そのためフォームもくずれ、結果①は気が抜けた音

②はハズす・・・ということがよくあります。

①をしっかり弾いた上で脱力して②を弾かないので

上手くいかないのかもしれません。

この場合、間違えた②から練習しても意味がありませんpaper

私自身よく思いあたりますcoldsweats01

そこらへんを意識して1音ずつ大切に練習してみましょうwink

|

« ジャベについて・・・アルパで弾く「シチリアーナ」  | トップページ | アルパのレンタルについて »

アルパ練習法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189977/54895396

この記事へのトラックバック一覧です: アルパ いつも同じ音を間違える場合:

« ジャベについて・・・アルパで弾く「シチリアーナ」  | トップページ | アルパのレンタルについて »