« アルパ 「ん?」って思うこと。 | トップページ | ジャベについて・・・アルパで弾く「シチリアーナ」  »

アルパ 音質について

アルペジオを綺麗に弾くには音質・音量・スピードが均一なことが大切、

と前回のブログで書きました。

今日はその音質についてnote

015_sp0000_3アルペジオや曲の練習をしていると、

慣れていない方は、まず指をポジションにセットする

のに頭がいっぱいで、なかなか他のことに

気が回っていないようですbomb


そこで、1本の弦(ドだったらド)を4の指・3の指・2の指・1の指と

順番にポーン・ポーンと鳴らしてみてください。

全部の指が、同じ音質で綺麗と感じる音だったら大丈夫ですgood


でもたぶん、ある指だけ音が薄かったり(細かったり)、金属的な音だったり、

がさがさした音になってるのでは・・・。

弦のはじき方のせいかもしれないし、爪のせいかもしれません。

爪は「最近割れてしまい、ガタガタしている」「何かで補修している」

など・・・・はっきりした理由があると思います。

爪の故障が原因の人は、単に弾き辛いだけではなく

「こんなに音色が変わってしまうんだ・・・coldsweats02

と自覚すると、以後もっと気をつけるようになりますね。


そして全部の指で弾き終わったあと、

 私: 「〇指が一番綺麗な音!ear

 生徒さん: もう1回全部の指で弾いてみる。 
         「ホントだ!happy02

 私: 「次は、全部〇指と同じような音が出るように弾いてみて!paper


そうすると、はじき方については何もアドバイスしていなくても

他の指も同じように良い音が出たりしますshine

その生徒さんにとって、出したい音をリアルにイメージした結果だと思います。

良い音色とはじき方を、耳と指が覚えて調整したのですね。


アルパはなんとなく弾いても、それなりに綺麗な音が出る楽器なので

その分、音に対する意識が薄くなってしまうことがあるかもしれません。

いつも出したい音のイメージをしっかり持つことが大切ですcat

|

« アルパ 「ん?」って思うこと。 | トップページ | ジャベについて・・・アルパで弾く「シチリアーナ」  »

アルパ練習法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189977/54829280

この記事へのトラックバック一覧です: アルパ 音質について:

« アルパ 「ん?」って思うこと。 | トップページ | ジャベについて・・・アルパで弾く「シチリアーナ」  »