« アルパで弾く「ボッケリーニのメヌエット」 | トップページ | シンガーソングライターさんアルバムにアルパで参加 »

アルパで爪が割れる人は・・・

アルパは自爪で演奏しますので、爪はとても大切です。

爪が弱くてよく割れてしまう、どんどん削れてしまうという方もいると思いますが、      

爪そのものの他に、弾き方の問題もあるかもしれません。

P1020400_sp0000_9

このように、弦にたいして直角めに

はじけば爪は割れづらいです。




P1020406_sp0000ちょっと極端な写真ですが・・・このように

爪の横で弦をひっかくような感じで弾くと、

爪の横からヒビが入ったり、削れてきます。

しっかりはじけず、良い音も出ませんね。

演奏中に爪にヒビが入る人は、チェックしてみてくださいwink

cameraちなみに写真は、近くに置いてあったアイリッシュハープで撮ってますcoldsweats01

アルパはもうちょっと弦の幅が狭いです。

補足ですが・・・

以前に爪の補強というタイトルで、レブロンのジェルハードナーをご紹介しました。

最近レッスンで爪がツヤツヤしている方が多いですshine

ただ、何度も除光液で取っては塗りなおしていたら、爪が乾燥してしまいますcoldsweats02

除光液はなるべく爪を傷めないものを使い、クリームで保湿するなど

ケアしないと、余計に爪が弱くなってしまうので要注意ですpaper

|

« アルパで弾く「ボッケリーニのメヌエット」 | トップページ | シンガーソングライターさんアルバムにアルパで参加 »

アルパ練習法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189977/54773684

この記事へのトラックバック一覧です: アルパで爪が割れる人は・・・:

« アルパで弾く「ボッケリーニのメヌエット」 | トップページ | シンガーソングライターさんアルバムにアルパで参加 »