« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

アルパ 音質について

アルペジオを綺麗に弾くには音質・音量・スピードが均一なことが大切、

と前回のブログで書きました。

今日はその音質についてnote

015_sp0000_3アルペジオや曲の練習をしていると、

慣れていない方は、まず指をポジションにセットする

のに頭がいっぱいで、なかなか他のことに

気が回っていないようですbomb


そこで、1本の弦(ドだったらド)を4の指・3の指・2の指・1の指と

順番にポーン・ポーンと鳴らしてみてください。

全部の指が、同じ音質で綺麗と感じる音だったら大丈夫ですgood


でもたぶん、ある指だけ音が薄かったり(細かったり)、金属的な音だったり、

がさがさした音になってるのでは・・・。

弦のはじき方のせいかもしれないし、爪のせいかもしれません。

爪は「最近割れてしまい、ガタガタしている」「何かで補修している」

など・・・・はっきりした理由があると思います。

爪の故障が原因の人は、単に弾き辛いだけではなく

「こんなに音色が変わってしまうんだ・・・coldsweats02

と自覚すると、以後もっと気をつけるようになりますね。


そして全部の指で弾き終わったあと、

 私: 「〇指が一番綺麗な音!ear

 生徒さん: もう1回全部の指で弾いてみる。 
         「ホントだ!happy02

 私: 「次は、全部〇指と同じような音が出るように弾いてみて!paper


そうすると、はじき方については何もアドバイスしていなくても

他の指も同じように良い音が出たりしますshine

その生徒さんにとって、出したい音をリアルにイメージした結果だと思います。

良い音色とはじき方を、耳と指が覚えて調整したのですね。


アルパはなんとなく弾いても、それなりに綺麗な音が出る楽器なので

その分、音に対する意識が薄くなってしまうことがあるかもしれません。

いつも出したい音のイメージをしっかり持つことが大切ですcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルパ 「ん?」って思うこと。

P1010120_sp0000アルパ(ハープ)をはじめた人がまず憧れるのは

流れるようなアルペジオではないでしょうかshine

アルペジオを弾く時、音の粒がそろっていると

綺麗に聴こえますねnote広域なアルペジオを弾く時、

右手と左手を交互に使いますが、

使う腕や指によって音量・音質・スピードのどれか

1個が違っても綺麗なアルペジオにはなりません。

(もちろん表現としてのクレッシェンド&ディミヌエンドや

リタルダンド&アッツェレランドなどは別。)

粒がそろってない箇所で、耳ear「ん?」ってなれば

自然と耳earが指の調整を始めます

earというか脳ですかね。

なので、「ん?」って思うことが大切です

耳に違和感が無ければ、ただ指を動かしているだけで、      

指の運動にはなるけど、粒もそろわなければ音も良くならず

いつまでたっても流れるようなアルペジオにはなりませんbearing

「自分の音をよく聞いて練習してね~」とはそういうことですhappy01

アルペジオに限らず全てに言えることですね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りハープ動画

思わずにんまりしたハープ動画cat

誰かと弾いてみたいものですnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

シンガーソングライターさんアルバムにアルパで参加

今日は渋谷のスタジオでレコーディングしてきましたnote

女性シンガーソングライターさんのアルバムに参加させていただきました。

「アルパアレンジは全部おまかせで」ということでご依頼いただいたので

アルパの良さを活かしつつ、曲の雰囲気にあう演奏が出来るように

工夫してみました。気に入っていただけて良かったですwink

チャランゴで参加の赤塚祐亮くんと同時録音でした。

シンガーさん&スタッフの皆さん

アルパよりも、アルマジロチャランゴに興味津々。こんなことって!bearing

ニャンドゥティ着ていけば良かった・・・?!bleah

もちろん、アルパも“綺麗ですね~”と触っていただきましたけれどcat

アルバムの詳細は、リリース時期にあわせてご案内させていただきますね☆

私もアルバムの完成が楽しみです。

P1020412_sp0000_6Photo_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アルパで爪が割れる人は・・・

アルパは自爪で演奏しますので、爪はとても大切です。

爪が弱くてよく割れてしまう、どんどん削れてしまうという方もいると思いますが、      

爪そのものの他に、弾き方の問題もあるかもしれません。

P1020400_sp0000_9

このように、弦にたいして直角めに

はじけば爪は割れづらいです。




P1020406_sp0000ちょっと極端な写真ですが・・・このように

爪の横で弦をひっかくような感じで弾くと、

爪の横からヒビが入ったり、削れてきます。

しっかりはじけず、良い音も出ませんね。

演奏中に爪にヒビが入る人は、チェックしてみてくださいwink

cameraちなみに写真は、近くに置いてあったアイリッシュハープで撮ってますcoldsweats01

アルパはもうちょっと弦の幅が狭いです。

補足ですが・・・

以前に爪の補強というタイトルで、レブロンのジェルハードナーをご紹介しました。

最近レッスンで爪がツヤツヤしている方が多いですshine

ただ、何度も除光液で取っては塗りなおしていたら、爪が乾燥してしまいますcoldsweats02

除光液はなるべく爪を傷めないものを使い、クリームで保湿するなど

ケアしないと、余計に爪が弱くなってしまうので要注意ですpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルパで弾く「ボッケリーニのメヌエット」

Preludio_en_sol_rieko_kamiyama_ss_2私の2ndアルバム「太陽のプレリュード」には

“ボッケリーニのメヌエット”が収録されています。

CDを聴いてくださった方から、

「この曲は臨時記号や転調が出てくるけど

シャープレバーアルパで弾いているのですか?」と

ご質問いただきました。

答え:このCD全曲、普通のアルパで弾いています。

♯(シャープ)部分はジャベという半音を出す指輪を使っています。

レバーアルパでやってみたら、レバー下げる暇がなかったです・・・coldsweats01

一時的に♯にする場合、ジャベのほうが楽なのです。

ずっと♯にしておきたい場合(調を変えたい場合など)は、

レバーアルパの方が楽です。ただしジャベは使えなくなります。

Jyojyou_first
ユーキャンの抒情名曲集に参加させて

頂いた時は、レバーアルパを使いました。


転調が何度も出てきて、普通のアルパでは対応できなかったので

そういう場合はレバーアルパを使います。

どちらが好きかと言えば、私は普通のアルパが好きです。

ジャベを使えば、けっこう色々なことが出来ますnotes

ボッケリーニのメヌエットでは、このようにジャベを使って#を出しています。

Gアルパ使用です。

優雅で可愛らしい曲で、好きですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルモニコ会員限定ページ

このブログの右側。

私のプロフィール写真の下にアルモニコ会員限定ページがあります。

昨日は「花」の練習動画を載せました。

今日は赤塚祐亮氏の「ドラえもんと3連符を載せました。

わかりやすく書いてくれていますwink 皆さん読んでくださいね。

アルパやハープ以外の楽器を参考にすることは、とても勉強になります。

同じ楽器だけ見ていても気付かないことがあるからですcat

取り上げて欲しい題材や動画がありましたら、リクエストくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルパ教室 新小岩駅前教室(東京・葛飾区) 

今日はアルパ教室アルモニコ・新小岩駅前教室についてのご案内です。

駅から徒歩2分、簡単な道ですwink

1.JR総武線・新小岩駅南口を出ます。

120514_132044_32.左を向くとこの景色。道なりに進みます。
120514_132235_4
3.歩道橋を上ります。120514_134741_7
4.歩道橋から見た景色。
横断歩道を渡り、中華料理胡弓と川上不動産の間の道へ入ります。

120514_134830_8
noteここです。USボーカル教室でレッスンしています。

120514_135131_4120514_135253_2

flair新小岩駅前教室では第2・第4月曜日にレッスンしています。

13時~と14時~の2枠(個人レッスン)、生徒さん募集中です。

30分無料体験レッスンありますので、お気軽にお問合せください。

詳細はこちら

Shinkoiwa_01Shinkoiwa_03_4










flair世田谷教室とスカイプレッスンも生徒さん募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日コンサート

00000002昨日は高齢者の方とそのご家族の方対象の

母の日コンサートでアルパ演奏させていただきました。

歌が好きなお客様が多いとお聞きしていたので、

「ふるさと」「川の流れのように」「花」をプログラムに入れました。

皆さん大きな声で生き生きと歌ってくださり、私達のほうが

大きな感動をいただきましたshine

世田谷教室の中から、アルパと歌がお上手な生徒さんが参加して

アンサンブルや歌の合図出しなど、大活躍してくれましたnote

演奏後は素敵なお庭で、いっぱい写真を撮らせていただきましたtulip

フェイスブックのアルバムに載せてあるので良かったらご覧ください。

歌の3曲の動画もアップしました。それぞれ短めに編集してあります。 

この日ギターとチャランゴで伴奏してくれた祐亮くんも

「じ~んとしますね」と言ってました。はい、私もですconfident



アルパを習っている生徒さんの中には、

「高齢者施設や病院などで演奏をしたい」と思っている人が多くいます。

アルパの演奏で誰かに喜んでもらいたい、という気持ちを持っていれば

練習も頑張れるし、心を込めた良い演奏が出来ると思います。

アルモニコ会員専用ページに「花」の練習動画をアップします。

ゆっくり指アップで撮るので、ぜひ練習してみてください。

歌がなくてアルパの独奏でも素敵ですnote

アルモニコ会員でユーザー名とパスワードをまだご存知ない方、

忘れちゃった・・・という方はご連絡くださいね!

P1020375

←このちっちゃいのはチャランゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルパと小さなアイリッシュハープと大きなアイリッシュハープ

前にブログでご紹介した大きなアイリッシュハープ

元の持ち主さんに「弾けるようになったら動画movie撮りますね!」

と宣言してから2ヶ月ちょっと。ようやくアップしました。

曲はアイリッシュハープらしく、O'Carolan(オカロラン)「Ramble To Cashel」。

オカロランはアイルランドの盲目のハープ奏者で、

何百曲と曲が残っているそうです。

その中でこの曲は、特に有名ということではないようですが、

メロディーが綺麗なので選びました。

これでアルパ23弦の小さなアイリッシュ36弦の大きなアイリッシュ

持っているハープ全部の動画がそろったnote



23弦のアイリッシュでは、この前アップした「Water is wide」。

アルパはいっぱい動画があるけど、 一番“いいねgood”をいただいている

「カレータ・グイ」にしました。

音色の違いを聞いてみると面白いかも!

私の場合、全部爪弾きなのであんまり違わないんだけど・・・・coldsweats01

ちなみにカレータ・グイだけ3年前なので、ちょっとだけ若いですcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークもあと1日ですね。

皆さん、いかがお過ごしでしょうかhappy01

私はG.W前半は3rdアルバムのレコーディングをしていました。

とりあえず全12曲の音は録ったので、次はミキシングです。

ミキシングとは音量バランスや音質を調節する作業ですが

弾く以上に集中力が必要な作業です。

どうしてもアルパばかりに耳がいき、アラ探しになってしまって・・・と

冷静に聞くことが出来ない私coldsweats01なので、メンバーやエンジニアさんの意見を

よく聞き良いCDに出来るといいな、と思います。

アルパ疲れを癒すべく、アイリッシュハープを弾いて気分転換していました。

レコーディングでも大活躍の赤塚祐亮くんがベースでさりげなく入ってきて、

弾いていてとても気持ちが良かったので、さっそくビデオに撮ってみましたmovie

「The water is wide」は弾いている自分が一番癒される気がするshine

でももっと弾き込まないとダメだなぁcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルパの弦について

今日はアルパの弦についてです。

アルパの弦は高音弦と低音弦があります。

<高音弦>

Photo_4
一般的に使われているのが

アルゼンチン カンパーナ製

ナイロンで出来ていて1st~3rdまで分かれています。


他にアメP1020263_sp0000_6リカ製もあります。

こちらはカンパーナ製より固く強いので耐久性に優れていて

切れづらいです。高音でたびたび切れてしまう音がある場合

アメリカ製にすると大丈夫、ということはよくあります。

タッチが固く感じるので、人によっては弾き辛いかもしれまません。

<低音弦>

P1020262_sp0000_3パラグアイ製 (カンパーナの高音弦とセットで8,000円位) 

ナイロンの芯に、くるくる細いナイロンが巻かれています。

全部まとまっているので、長さと太さを確認しながら

正しい場所に張ります。

Photo_5アルゼンチン カンパーナ製 

(高音弦とセットで12,000円~15,000円位 

低音の本数によっても違います。) 

シルクの芯に、くるくる細いナイロンが巻かれています。

パラグアイ製の弦より耐久性があり、音の伸びや響きが良く

音程も狂いにくいといわれています。1本ずつ袋に入って番号がついています。

パラグアイ製よりも値段は高いですが、長持ちするので良いと思います。

もともとパラグアイ製の弦が張られていた楽器は、ペグの穴に通らないことが

ありますので気をつけてください。

<私の場合>

高音弦は、アルゼンチン製とアメリカ製を両方使っています。

高音5本→アルゼンチン1st

次の7本→アメリカ1st

次の3本→アメリカ2nd

そこから下→アルゼンチン3rd

という感じです。コンディションによって変えることもあります。

「楽器を変えたら弾きづらくなった」という人は

弦がアルゼンチン製からアメリカ製に変わったからかもしれません。

アメリカ製は固いので、力んでしまい調子を崩している可能性が高いです。

なかなか慣れない場合、無理して弾かず、アルゼンチン製に張り替えたほうが

良いかもしれませんね。

低音弦はアルゼンチンのシルク弦を張っています。

低音の1本目だけギターの弦を張っています。

P1020266_sp0000_2アルパは一般的に全部で37弦ですが、私のは39弦あるので

弦が足りないということと、高音弦を張ると細いし、

低音弦の一番細いのでは少し太いし・・・ということで

低音弦の1番細いのより少し細いギターの弦を低音弦の1本目に張っています。

ちょうど弦が切れて張替えたところなので、ご紹介してみましたwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »