« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

アルパスカイプレッスン

アルパスカイプレッスンの生徒さんが、

練習の成果を動画で見せてくれましたshine

公開することは出来ませんが、とても良い演奏でした。

「何分何秒のところが~」といった具体的なアドバイスが出来るので

次のレッスンが効率良く出来ますねwink

私が見てアドバイスする以前に、

ビデオを撮ることにによって、自分の演奏を冷静に聴いたり

自分のフォームを別の角度で見るので、すごく勉強になると思います。

「間違っててもいいよ~」と伝えていましたが、何度も撮り直したそうですmovie

本番のような緊張感を持って、何度も真剣に弾いたのですから

きっと身になったと思いますbud

壁に向かってなんとなく弾いているだけだと、

間違ってもなんとなくスルーしたり、なんとなく弾きなおしちゃったり。

「何度も弾いているうちに、ちゃんと出来るようになるかな~」なんて思ってても

なんとなく弾いているうちは、ちゃんと出来るようにはならないんですよね。

いつまでたっても出来たり出来なかったり・・・←実感gawk

手のアップで撮るから、すっぴんでも部屋が散らかってても大丈夫wink

(部屋が散らかってるのがバレル!っていう意見、多いです。笑)

ビデオが大変だったら、録音でもgoodkaraoke

私もリクエストいただいた曲があるので、近いうちにアップしようと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルクジャ

昨日パラグアイからアルパが届きました。

彫刻の花は「Mburucuya(ブルクジャ)」、パラグアイの国花です。

P1020241_sp0000120426_110727Tokeisou







日本では「時計草」と言ったほうがわかりやすいですね。

そしてこの花の実が“パッションフルーツ”。

パラグアイでよくブルクジャのムースを食べていたのですが、

ブルクジャ=パッションフルーツだと、頭の中で繋がっていませんでしたcoldsweats01

私のアルパにもブルクジャの彫刻がほどこされていますよ。

100716_alia7951s_4





| | コメント (0) | トラックバック (0)

爪の補強

アルパは自爪を使って弾くので、爪が割れてしまうととても弾き辛くなります。

私は幸い爪は丈夫で、アルパで割れたことはほとんどありません。

ただ普段の生活でうっかり引っ掛けてしまい、ヒビが入ることがあります。

そういうときは慌てずにシルクラップで補強rock

シルクの布をヒビの箇所に瞬間接着剤で貼り付けます。

瞬間接着剤は“釣り用”が良い、と聞いたことがあります。

爪が弱い(長い)ので、割れる前に全部シルクラップで補強する

という人もいるようです。

私の場合シルクラップすると音が変になるので、必要に迫られない限り

使わないけど、綺麗に磨いたりすれば大丈夫なのかな?

知り合いのギタリストからは、ピンポン球で付け爪をすると聞きました。

こちらにその方法が載っています。いつか爪が折れたら試してみようかな。

Pdt2911525最近、レブロンの“ジェルネールハードナー”というのを

試してみました。

“4日間で60%厚みを増加させ、より強い爪に”という

キャッチコピーに惹かれて・・・というより

たまにはマニキュアを塗るという女らしいことをしたかっただけですcoldsweats01

効果のほどは・・・??あまりわかりませんが、音色も変わらないし

見た目もツヤツヤして綺麗なので、お守りみたいな感じで。       

色つきのマニキュアだと剥げて汚くなるけど、透明だから大丈夫です。

爪が折れると音がよく鳴らない分、力んで弾いてしまったり

フォームが崩れてしまうことがあるので、気をつけたいですねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »