« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

新しいハープがやってきた

新しいハープがやってきました。

アルパではなくて、アイリッシュハープですwink

以前ブログで紹介した小型のアイリッシュハープに続き

今度は大きなアイリッシュハープ。

知り合いが「弾かないし置き場所にも困る」ということで

私のところへ持ってきてくれました。やったーscissors

P1020132_sp0000note 弦数36本 

note音域C-C

note重さ16kg 

note音色は、言葉で説明できない・・・というか

まだこの楽器本来の音を鳴らせてないと思う。

弦が切れていたので、アイリッシュハープでは初めての弦の張替え。

アルパは張替えの最中によく弦が切れて怖い思いをするので

さらにテンションが高いこの弦が切れたらもっと怖いimpact

どきどきしながらやってみましたが、難なく成功good

アルパと違って、弦を通す穴が外に出ているし、巻く回数も少なくて楽でした。

P1020133 ←アルパと比べるとこんな感じ。

今までの小型ハープは膝に乗せて弾いていましたが、

こっちのハープはアルパと一緒で床に置いて肩にかけます。

アルパと同じ姿勢だから、構えるのはしっくりきます。

しかし・・・爪弾きでどこまで弾けるのかcoldsweats02

またいつの日か練習動画をアップするかもしれません。

それにしても、私はよく人から物をもらうほうだと思います。

フィエスタ・メヒカーナで着た衣装は、アルパの友達に

「持ってるだけで着ないから使ってheart02」といただきました。

そして最近も他のアルパ友達から、

同じ理由でニャンドュティのスカートをいただきました。

皆さん本当にホントにありがとうございます、感謝してます。

大事に使うねshine

P1010415s P1020139

| | コメント (4) | トラックバック (0)

練習が少ししか出来ない時は・・・

昨日と今日はアルパのレッスンでした。

生徒さんは皆さんとても忙しくて、

朝仕事に出かける前に15分間練習するのが日課、      

休みの日にまとめて5~6時間練習している、なんて話を聞くと

すごいなぁ、頑張ってるなぁupと思います。

練習する時間がない!という生徒さんにお伝えしていることは、

もし練習時間が10分間しかないなら、

曲を通して弾く練習はしなくてもいい、 ということです。

10分間で曲を2~3回通したところで、あまり上達は望めないと思います。

その10分間、例えば苦手なアルペジオを集中して練習したら

今までよりもずっとスムースに弾けるようになるでしょうし、

曲の中で苦手な箇所があれば、その箇所ばかり練習すれば

何十回も弾くことができます。

ただ曲を通すよりずっと内容の濃い10分間になると思うのです。

時間が無いときほど、集中して効果的な練習をしたいですねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルパスカイプレッスン

Picture_12 年末に開始したスカイプレッスン。

まだ少人数ですが、楽しくやっていますnote

自分のお家&自分のアルパでレッスンというのが

リラックスできるようです。

■実際やってみると、イヤホンはあまり使っていませんcoldsweats01

「弾いている最中に声をかけると、こちらの声が聞き辛い」

ということで、イヤホンを用意するようお伝えしていますが

無くても大丈夫です。体験レッスンで試してみてください。

■またマイクの性能次第だと思いますが、webカメラ付属のマイクだと

生で聞くよりも音足が短く(音が途切れて)聞こえるようで、

音のニュアンスなどのアドバイスがちょっと難しいなぁ、と感じています。

希望者の方には、習った曲が弾けるようになったら

ビデオmovieに撮りYouTubeにアップしたり(恥ずかしかったら限定公開でcat

またはファイルを送るpcなどして見せていただけたら

さらに踏み込んだアドバイスが出来ると思います。

ビデオを撮って自分で見ること自体がとても勉強になるので、

やる気のある方はぜひ!

スカイプレッスンの詳細はこちらです↓

http://riekokamiyama.com/lesson_skype.php

始めて~初心者の方向き。

基礎練習の方法を知りたい方、レパートリーを増やしたい方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者施設でアルパ演奏

P1020119今日は世田谷区の高齢者施設で

コンサートをさせていただきました。

高齢者施設での演奏はわりと多いのですが

私は毎回とても楽しく、幸せな気持ちで演奏させていただいています。   

これからもぜひ機会をいただきたいと思いますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »