« 第8回全日本アルパコンクール2011 | トップページ | 音霊~OTODAMA~ 満員御礼 »

アルパの上達法?

アルパコンクールで刺激を受けた練習生の方から、

質問メールが何通か届きました。

きっと次回のコンクールを目指しているのでしょうね。         

(そうは皆さん書いていませんでしたが)

文章で説明するのはなかなか難しかったりするので、

良かったらレッスンに来てくださいwink といっても

たいがい遠方の方からのメールなので、

私の意見で参考になるのなら・・・と思い、お返事差し上げています。

“アルパの上達法を知りたい” 

良い方法があったら私も知りたいです(笑)

月並みのことしか言えませんが、

“正しいフォームとタッチで、基礎練習をしっかりする”

それしかないんじゃないかな~と思います。

基礎練習は嫌い・つまらない、と拒絶反応を示す方もいらっしゃいますが

基礎練習自体を“音楽”だと思って、綺麗な音で、曲を弾くときと同じように

表現する気持ちでやってみてはいかがでしょう。

アルペジオやスケールの練習も、

それ自体が豊かな音楽に聞こえるように練習したら、

(実際、曲の中でも使われていますよね。)     

そんなにつまらないものではないと思いますよ。

Imagescahl5vfo_2 セサル・カタルド先生も

「どんな練習をしている時でも音色のことを忘れるな」

と言っていました。

.

ただ指を動かしてるだけ、ただ音をなぞってるだけ、

それじゃつまらないのは当たり前です。

楽しんで基礎練習しましょうnote

正しいフォームとタッチについてはまた今度wink

|

« 第8回全日本アルパコンクール2011 | トップページ | 音霊~OTODAMA~ 満員御礼 »

アルパ練習法」カテゴリの記事

コメント

凄く興味深い内容でした!shine次回の投稿楽しみにしています!!happy02note

投稿: kazumi.S | 2011年12月 2日 (金) 12時25分

kazumi.Sさん
そう言っていただけると書いた甲斐がありました!
今後もちょこちょこ書いていきますので
見てくださいねnote

投稿: りえ | 2011年12月 6日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189977/53372160

この記事へのトラックバック一覧です: アルパの上達法?:

« 第8回全日本アルパコンクール2011 | トップページ | 音霊~OTODAMA~ 満員御礼 »