« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

かめありフェスティバル

Rek001_20110220今日はアリオ亀有というショッピングセンターでの演奏でした。

もう56回目になるというこのフェスティバル、

たくさんのダンスや音楽グループが出演する

にぎやかで楽しいイベントでした。

今日の目標は「ラ・クンパルシータ」を演奏すること。

ジャベ二つ使いのこの曲は、とにかくポジションが難しく、

早弾きで弾ききらなくてはいけないフレーズも多く、

タンゴの力強さも出して・・・bearingとにかく練習&勇気がいる曲なのです。

もっとシンプルにすればそんなに難しい曲でもないのに。

簡単なアレンジにかえちゃおうかな・・・という誘惑にも負けず、今日も挑戦。

出だしは練習時よりタンゴの切れがあったし、

小指奏法は今までで一番、力強さが出せたかな。

そして祐亮氏のギターが情熱的だった!

良いところを自分で見つけて(良くないところは十分わかっているのでbleah

もっと自信をもって弾ける日まで、練習・練習note

Rek003_20110220ご来場くださった皆さんとお話できて嬉しかったです。

写真提供はとしさんより。今日の衣装は

ニャンドゥティのワンピースにうさぎのボレロでしたheart04

アルパ教室に興味を持ってくださった方は、お気軽に無料体験レッスンを

ご予約くださいね。armonico@mymelody.jp

| | コメント (2) | トラックバック (1)

携帯待ち受け画面

日本パラグアイ協会でのCDプレゼント企画も先月末締め切りになりました。

応募してくださった皆さん、プレゼントが届く日を楽しみにお待ちくださいねshine

そして次の企画は・・・モバイル会員の方に“携帯待ち受け画像プレゼント”。

パラグアイの国旗、アルパの写真、アルピスタのお宝写真(?)など

これからも追加されていく予定です。

“いろいろ面白がってやっていこう!”というのがアルパ振興委員会のモットーgood

着メロのプレゼントももうすぐ開始されると思います。

パソコンのみで会員登録されている方、ぜひモバイル版でのご登録も

よろしくお願いしますhappy01

携帯版のご登録はホームページのQRコードからお願いします!

http://www.paraguay.or.jp/member/culb_top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・ジョローナ

私も演奏する、メキシコの「ラ・ジョローナ(泣き女)」には

とても悲しいお話があります。(いろいろなバリエーションはあるようですが)

夫に捨てられた女性が、気が狂い自分の子どもを川に捨てて殺し

自分もその川で自殺。その女の霊が子どもを求めて泣きながら、

川によってきた子どもを捕まえようとする・・・という感じです。

迫力のある歌声&映像です。

<歌詞>

皆が僕を黒人と呼ぶよジョローナ

黒いけど やさしいよ

緑の唐辛子みたいだよジョローナ

辛いけど 美味しいよ

ああジョローナ ジョローナ 

ジョローナ 川へ連れて行って

きみのショールで僕を包んで

寒くて死にそうだから

どうしてあなたを愛しているかって聞くのかい

ジョローナぼくの人生を捧げたんだ

ジョローナこれ以上 なにが欲しいというんだい 

もっともっとと言うのかい

・・・ほかにも色々な歌詞が付けられて歌われているようです。

noteチャベラ・バルガス「ラ・ジョローナ」(映画「フリーダ」より)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »