« パラグアイ日記41 | トップページ | パラグアイ日記43 »

パラグアイ日記42

帰国が1週間に迫り、アルパ以外にもやることが多いですが

練習もちゃんとやってますよ~。

ロペス先生作曲の「太陽のプレリュード」、いつかレコーディングするときのため

ニコラス師匠が弦楽器の伴奏をつけてくれることになり

そのために私がMDにアルパを録音しなくちゃいけなくて、これが大変だった!

この曲は本当に難しくてまだまだ練習不足で弾けてないから、間違える。

でも間違ったコードで弾くと、それを聞いた師匠がそのコードで伴奏をつけてしまう。

結局4時間くらいかかったのに、あとで聞いてみたらMDがちゃんと再生されない

箇所がある!その部分を録り直し、やっと出来たとすっきりした気分で

ロペス先生に聞いてもらうと、3箇所間違ってるって・・・・。

もう無理。この部分が間違ってるってニコラス師匠に説明して・・・、

じゃなければ先生が弾いて・・・気力をすっかり使い果たしてしまいました。

レッスンでは「カンパメント・セロ・レオン」をやっています☆

今回はじめてのポルカ。はじめてのジャベ無し。

パラグアイのポルカはあんまり好きじゃないロペス先生だけど

にもかかわらずニコラス師匠と同様、圧倒的に上手いと思います。

|

« パラグアイ日記41 | トップページ | パラグアイ日記43 »

コメント

カンパメント・・・?
まだまだ知らない曲がたくさんあるねえ。
頑張ってください。

投稿: bontacos | 2008年3月12日 (水) 01時38分

その調子、その調子!
もう二度と来れないかもしれないと思い最終日迄ファイト!
ニコラス様はアルパをいかに引き立てようかと、
ぴたっと寄り添った伴奏で本当に美しいハーモニーですよね。
アルモニコの心ですね♪
それにしてもMDまでお疲れとはshock

投稿: luna10423 | 2008年3月12日 (水) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パラグアイ日記41 | トップページ | パラグアイ日記43 »